人を知る

働き方インタビュー

#02

二級建築士長 香代子

住みやすく、永く愛せる住まいを。
居心地の良い家をつくりたい。

Q1.イー・プランニングに惹かれた理由、入社を決めた理由は?

子どもの頃からものづくりが好きで、それを仕事にしたいと思っていました。高校から建築を勉強し、住宅という身近で大きなものづくりに携わりたいという気持ちで、建築業界へ。しかし一度結婚のタイミングでこの業界を離れていました。一旦介護の道へ進んだのですが、やはり建築への想いは捨てることができませんでした。また建築業界に戻りたいと思っているときに、イー・プランニングの求人を見つけました。その前から、栃木市内を車で走っているときに「かわいいお家を建てている会社があるんだな」と認識しており、こんなチャンスはない!とばかりに応募しました。建てているお家自体も魅力的で、「自分もこんな家づくりに携わりたい」と思いましたし、面接で話を聞いてみて、お客様の理想のお家を建てることに対してとても誠実であるということを知りました。入社以来、平家で屋根裏部屋があるお家だったり、三角屋根に可愛いお家をつくったりして、とても充実した日々を過ごしています。夢を諦めずに応募してよかったなと今では思っています。

Q2.イー・プランニングでの仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

自分が頭に思い描いたことが実際に形になるのは、とてもやりがいを感じます。自分の主な仕事は現場監督なのですが、他の会社では考えられないくらいお客様との距離が近いんです。お客様が実際に現場を見に来られて、軽い打ち合わせをすることも多いです。設計と、実際に建ったお家がお客様のイメージと違う……なんてことが絶対に起きないように、慎重に打ち合わせと確認を進めます。現場監督という仕事は、設計と現場の橋渡しをする重要な役割。その他にも、現場が円滑に回るようにスケジュール調整をしたり、資材の発注をしたり、やることはたくさんありますが、目の前でお客様の理想のお家が出来上がっているのを見れるのはこの上ない喜びです。私の信条は「自分もここに住みたい、と思える家をつくること」。デザイン的な面はもちろんのこと、実際に家事をする人が本当に使いやすいか?ストレスがないか?という点にはいつもこだわって細心の注意を払っています。建てて終わりではなく、住めば住むほど「建てて良かった」と思っていただけるお家にしたい、そう思って日々業務をこなしています。その甲斐あってか、メンテナンスやちょっとした相談でも私に直接ご連絡をいただけることがあって、信頼されていることを感じることができます。

Q3.今後の目標を教えてください。

丁寧に、品質を下げずに早く仕上げる。これは命題だと思いますが、日々改善をしながら取り組んで、自分が担当できる現場を一棟でも多く増やしたいです。現場、目先の仕事に手一杯になってしまっている部分もあるので、どんどん効率化しながら生産性をあげることが目標ですね。そのための課題の洗い出し、仕組みづくりは進めていかないといけないと思っています。一棟でも多くイー・プランニングの家を建てることがお客様の幸せにつながると信じているので、そのために邁進していきたいです。
イー・プランニングは、やりたいことやわからないことがあれば、会社全体でサポートしてくれるような、そんな環境があります。私自身その環境に助けられてきました。その環境を基盤として、新しい方が入ってきてもすぐに馴染んで活躍できるような組織づくりが更に必要だと思っています。そんな会社なので、素直で、家づくりが好き!という人であればすぐに活躍することができると思いますよ。

  • 人を知る働き方インタビュー