人を知る

働き方インタビュー

#01

二級建築士白井 一英

お客様の「理想」をカタチにする。
それが自分の喜びです。

Q1.イー・プランニングに惹かれた理由、入社を決めた理由は?

自分は新卒の頃からずっと建設業一筋でやってきました。新卒の頃は設計事務所で設計を経験し、その後は公共・土木メインの会社で道路工事や下水工事をしていました。長くこの業界にいますが、住宅はやったことがなかったので、ずっと興味はあったんです。公共工事だと、どうしても県や市から決められた仕事をただこなす、というものになってしまって、自分がつくった物の先がなかなか見えなかった。自分の創造性や自主性を発揮したり、お客様の顔が見える仕事がしたい、と思って住宅の仕事を探していました。そんな時、イー・プランニングの求人を見つけ、とりあえず応募。面接をしてくれた社長の人柄に惚れ込みました。社長は物腰が柔らかいのに情熱的で、自分の住宅や建設に対する想いもすぐに汲んでくださいました。まっすぐで誠実な社長の人柄が家づくりにも現れていると思います。お客様の理想の暮らしを実現するために、何度も打ち合わせをしてご提案する。自分がやりたかったのはこういうお客様の笑顔につながる仕事だと思いましたし、特徴的な住宅のデザインは街並みを美しくすることにも貢献していると思います。小さな会社だからこそ、社長のすぐ側で経営のことも学ぶことができます。広い視野でお客様の暮らしに関われると感じて入社を決めました。現在は確認申請業務や現場調査等を中心にやっていますが、これまでの経験も活かしながら家づくりに関われています。

Q2.イー・プランニングでの仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

今まで自分がやってきたことと決定的に違うのは、その家に住む人、お施主様がいることです。これまでの仕事には、「人」をイメージすることはありませんでした。でも今は、そこな住む人をイメージしながら、お客様の世界にひとつだけの家を建てるということに関われているという実感があります。自分が大切にしていることは、お客様の理想をカタチにするためには決して妥協しないこと。プロとして、お客様の御用聞きにはならず、理想を実現するために考え抜いて最適な手段を探します。それがうまくいって、まさにお客様の理想通りになった、という言葉をいただけた時は、とてもやりがいを感じますね。
また、イー・プランニングはとてもフラットな組織で、社長とも距離が近い。そのため、「こうゆうことをやりたい!」と言えば必ず機会をもらえるし、アドバイスをもらえます。今まで感じたことのないやりやすさですね。その代わり、期待もされていると感じるので、「やりたい!」と言ったことには全身全霊で向き合わないといけないとも思っています。

Q3.今後の目標を教えてください。

一棟でも多く、イー・プランニングの家を県内に建てることです。たくさんのお客様にイー・プランニングのお家で暮らしていただき、その快適さを知っていただきたいです。「家を建てるならまずはイー・プランニングに相談に行ってみよう」と思っていただけるくらい、会社のブランド力を伸ばしていきたいと考えています。棟数を伸ばすためには、まず一人あたりの担当できる現場数を増やさなくてはならないので、効率的に現場を回すための仕組み化にも着手していくつもりです。社内の色んな人の意見を聞きながら進めていきたいですね。その上で、人数も増やして会社を成長させたいです。自分もこれまでのキャリアの中で、年齢などは関係なく自分を成長させるために色んな人に教えてもらいながらここまできました。イー・プランニングは、向上意欲のある人を歓迎しますよ。素直になんでも聞いてくれれば、皆なんでも教えてくれる環境です。それは会社がチームとしてまとまっているから、というのもありますが、新入社員の方をすぐ戦力化するための制度や仕組みもつくっていくべきだと考えています。住宅業界にまっすぐな人には、これ以上ない成長の場所を用意してあげたいですね!

  • 人を知る働き方インタビュー